「インターネットで買い物をすることが増えました 」

インターネットでは買い物サイトをよく利用します。本棚などの大きな家具や、試着のあまり必要ないようなインナー衣類など、またどこで買っても変わらない書籍やゲームソフトなどは、実際の店に行くよりも先に買い物サイトを当たります。
サイトで重視するのは、すでに使っている方のレビューです。レビュー記事が充実していれば商品自体の失敗も少なく、そのサイトのお店の信ぴょう性も判断できます。値引き率や送料も気になりますので、最低3軒くらいは見比べて決めます。体調や天気に一切左右されず、真夜中でも早朝でも気の済むまで調べることができることはかなりの負担減になっています。
最近はネットショップの質も上がり、どの経営者の方もマナーを考えた対応をしていると感じます。信頼が全ての世界ですから、顔が見えなくともそのような姿勢は不可欠で、消費者は文章や写真などのサイト情報からすべてを敏感に感じ取ります。気を抜かず、見やすい雰囲気づくりを心掛けているサイトは、実際の接客でいえば笑顔や声のトーンにあたる部分をしっかり工夫しているとわかります。お金の行き来がきちんと済むまでシステム化し、次もこのサイトをまっさきに見にこようと思える店を、自然に選び取っていると思います。
現在のインターネットの普及になかなかついていけない高齢の方などにも、気軽に買い物の習慣が広まるといいと思います。自分が高齢になってももちろん使い続けると思います。

「海外に住んだらインターネットは必需品」私のインターネット利用法

 

海外に住みだして間もない頃は周りの環境に慣れるのが精一杯で、そんなに外の情報は気にならないものですが、ちょっと時間が経てば同じ境遇の日本人はどんな暮らしをしているのだろと気になります。

そんな時はインターネットのブログ。少ないながらも日本人は世界中で活躍していて、彼らのブログは今の自分の疑問を解決させ言葉の不自由な外国での暮らしぶりを知ることができます。

そして家族との連絡手段はメールです。国際電話料金は国によって違いますが、やっぱり割高で長話をすると後で大変な事になるからです。

私の住むフィリピンで仮に日本に宛てて手紙を出したとすると、少なくとも到着するのは一週間後。インターネットのメールなら一瞬で届くのでとても重宝しています。

そして、最近利用を始めたのはペイパル送金です。私はこちらに来て6年目、日本のアウトソーシングの会社に登録してライターの副業を始めたのですが、その会社からの報酬の受け取りにペイパルを利用しています。

最初は困りましたね。新規でアカウントを作るにも、利用規約や利用方法を把握するにもWEBサイトは全て英語。

解らないことを尋ねる際も英語で書かないと「あなたの言葉が理解できないから英語で書いてください」と返答してきます。もうちょっと英語を勉強しとけば良かったと今さら後悔しています。

そして最近は自分のブログを開設して色んな人達と交流してみたいと考えています。とにかく海外に出ならインターネットは必需品。ついついパソコンの画面を見る事が多くなって目を悪くしてしまいそうなのが欠点ですけどね。

いまいちわからないFacebookの使い方

インターネットのSNSは便利ですが、プライバシーの設定を間違えると知らない人からのメッセージが来たり、投稿のお知らせに関するメールが大量に来たりと迷惑な点も多いです。LINEやSkypeの設定方法は簡単で分かりやすいのですが、いまいちわからないのがFacebookです。設定が複雑すぎてどこをいじればプライバシーの設定ができるかわからないのです。例えば、友達が投稿した写真やタイムラインに「いいね!」をします。そうすると、そこにコメントした人の情報がすべて自分のメールアドレスにお知らせとして入ってきます。このメールが頻繁に来るととてもうっとうしくて、どうにかならないものかと思案しています。以前に一度、通知に関する設定画面で、そのようなお知らせメールを受け取らないというところをチェックしたつもりなのですが、メールはいつまでたっても来続けます。自分で調べても通知の解除の仕方がよくわからないので、そのままほっておいてただメールを削除することにしていますが、もしすべての通知をオフにできるのであればそのような設定にしたいと思っています。
また、自分は経験したことはないのですが、Facebookのどこかのボタンを押してしまうと、友達に追加してほしいというメッセージを、携帯電話の連絡先に入っているすべての人に送ってしまうことがあると聞いたことがあります。ある友人がそのことを自分の経験から言っていたのですが、間違ってそのボタンを押してしまい、追加したくない職場の人たちも友達として追加されてしまったと嘆いていました。
インターネットは自分の生活を便利にし、向上させる手段であって、インターネットそのものに煩わされたり、生活を支配されたりはしたくないと常々思っています。Facebookを使う者としては、私ももう少し上手な使用方法を知りたいと思っているところですが。わかりやすい設定画面を作るようにFacebook側にも努力していただけたらと思っています。

インターネットがあって本当に便利だと感じる今日この頃

インターネットがあって本当に便利だと感じる今日この頃。それはネットでお買い物ができるからです。子供が生まれる前は、時間もたくさんあったし、ネットで自分で手に取って選ぶことなく商品を購入することはあまり考えられませんでした。直接自分の目で見て購入したいと思っていたのと、ネットで平面上での画像を見て判断する自信がなかったし、サイズなど細かいところをネットで確認するより実物を見たほうが間違いないと思っていたからです。
しかし、子供が生まれてからはなかなかゆっくり買い物する時間もなく、荷物もたくさん持つことができないので、食料品から日用品、衣料品までネットショッピングをするようになりました。最近のスーパーのネットショッピングでは、その日のうちに届けてくれたりするので朝、夕ご飯何にしようか考えて足りないものを注文すれば夕方には届くなんて言うこともできるのです。食料品の中には、調味料やお米、飲み物など重たいものも多いですし、日用品ではおむつなどかさばるものが多いので赤ちゃんを連れて買い物するのは本当に大変なのです。
ときどきカード払いにしているため今月はネットショッピングをたくさんしてしまったとか、買った衣料品が思っていたものと少し違かったなんて言うこともあります。細かいことは気を付けなくてはいけないと思いながらとても便利に活用させてもらっています。これからも子供が少し大きくなるまでは上手に使っていきたいと考えています。